虎屋の羊羹

虎屋の羊羹

お盆が過ぎた頃、4年ほど前に東京に引っ越したお友達の親子が長崎に遊びに来ました。
私とユンと、そして別の男の子の親子の3組でランチをすることに。
子どもたち、保育園、小学校が一緒だったお友達です。

東京に引っ越してから、1年目、2年目と夏休みに長崎に遊びに来てくれていた親子、
去年は赤ちゃんが生まれたばかりで来れなかったので、今年は2年ぶり。
とってもおしゃべりで人懐っこかった男の子は、落ち着いて口数も少し少なくなっていて、なんか成長していた。

前までは、久しぶりに会って人見知りしないのか!照れないのか!と思うほど、
たくさんユンに話しかけてくれていたのに、今回はちょっと違っていた。
5年生にもなると、男女できゃっきゃ出来ないらしい。ふふふ。

ママとは全然久しぶりな気がしないで話せるのがうれしい。
離れても変わらない彼女。

私にハーが産まれたとき、「欲しいとは思うけど、また始めっから子育てするなんて考えられない」
と言っていた彼女、今回2人目はどうかと聞いたら、
「可愛いしかない」と言っていた。
愛情深い彼女、大切に育てているんだろうなと想像できる。

東京親子からのお土産は、うれしい虎屋の羊羹。
可愛いパッケージ。大切にとっておこう。

最後は7人で集合写真。
また来年も会いに来てね、
毎年会おうね、と約束して別れました。

虎屋の羊羹